笹野一刀彫・干支(申)

米沢市に伝わる木彫工芸品として笹野一刀彫があります。 それを作って40年の佐藤孝顕さんをご紹介します。

 

名称未設定

 

材料は「こしあぶら」の木を採ってきて、皮をむいて乾燥させます。 太い木だと1年ぐらい乾燥させるものもあります。乾燥させた木の皮をさらに剥き「サルキリ」と いう独特の刃物を使って彫り・削り・色彩をつけていきます。

 

H28.1RK2

 

微妙な力加減と丸みをだしたりするのが、苦労するところだそうです。

H28.1RK4

 

全て手作業なので、一体一体違う表情になるのも味があります。

 

H28.1RK1

 

米沢ヤクルト本社では、毎年佐藤さんより「干支」の笹野一刀彫りを作って頂いて、「年男・年女」の社員にプレゼントして翌年の会社の発展を願い に手締めをおこなっています。

 

 

H28.01RK7

 

 

 

 

 

 

Posted in MyTown情報.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です